RSUとはなんなのか

Updated
Mar 5, 2021 8:53 AM
Created
Dec 23, 2020 4:00 PM
Tags
Keywords
Date

知らなきゃよかったストックオプション(第1回:売却のマーケットインパクトを考える) | isologue

ストックオプションというのは、会社法上のものであるだけでなく、税務が切っても切り離せないものであり、売却時には証券取引法も関連し、費用計上の会計上の知識、金融工学的知識も必要で、おまけにインセンティブですから労務の観点も必要で、考えれば考えるほど、ディープな世界が広がってきます。 ということで、「知らなければ幸せに暮らせたのに、知ってしまったばっかりに、つまらんことで悩まないといけない(かも知れない)」というシリーズをいくつか。 −−− 第1回目は、「売却のマーケットインパクトを考える」。 ご案内のとおり、ストックオプションの行使にはインサイダー取引規制(証券取引法第166条)は適用されませんが、行使で取得した株式の売却はもちろんインサイダー取引規制の対象となります。 このため、 日本の実務では、(決算に関するインサイダー情報がない)四半期決算の開示の直後、概ね2週間くらいの間に売却をしている上場会社が多いのではないでしょうか。 しかし、この方法は、インサイダー取引規制を回避するにはいいかも知れませんが、役員等の売却が、年間4回の特定の短い期間に集中し、決算発表直後の需給を悪化させる可能性があります。 銘柄の流動性に比べてストックオプションの量が少ない企業はさておき、一般に、マーケットにインパクトを与えないように、もっと、分散して売却する方法はないでしょうか? アメリカではどうしているのか 米SECのEDGAR で企業の開示書類を検索すると、「Form4」という様式がズラズラズラーと並んでいます。 (Googleの 例) Form 4とは、 Wikipedia によると、 Every director, officer or owner of more than ten percent of a class of equity securities registered under Section 12 of the '34 Act must file with the United States Securities and Exchange Commission a statement of ownership regarding such security.

知らなきゃよかったストックオプション(第1回:売却のマーケットインパクトを考える) | isologue